2017年06月19日

2017年04月28日

4月号

posted by 執行部 at 10:52 | 2017年

2017年02月09日

Inews+ 1・2月号

Inews+

至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり。
(『孟子』)


「修学旅行」     A
12月12日〜12月25日、2年生は沖縄に修学旅行に行ってきました。楽しすぎる、幸せすぎる4日間でした!
1日目は、やいま村に行きました。みんなの飛行機が飛ぶ瞬間の歓声がすごかったです(笑)。やいま村では、星砂アートしたり、猿とたわむれたり、貴重な体験をすることができました。ホテルの部屋に入ったときの、喜びもすごかったです。2日目は、4つのグループに分かれてそれぞれ体験を楽しみました。そして、クラブメッドに移動しました。着いたとき、ここが貸切になる驚きと嬉しさを感じました。本当に素晴らしいところでした!!外国人めっちゃかっこよかった!! 3日目は、レクと宝探しをしました。とても盛り上がりました! 4日目は、お土産をたくさん買った後、旅立ちました。名残惜しかったです(泣)。
来年の2年生もこの楽しみを違う場所で味わってほしいです。楽しんでね!!!

「修学旅行」     B
12月12日〜15日の4日間、修学旅行で沖縄に行ってきました。日々勉強や部活などで忙しい私たちにては癒しの4日間となりました。飛行機に乗るのが初めての人も少なくなく、
出発日の離陸の瞬間には歓声が上がりました。沖縄での体験はどれも新鮮でした。まず、景色がとても綺麗でした。ホテルなどをはじめ、あらゆる場所でオーシャンビューを楽しむことができ、また、滅多に見ることができないマングローブ林を見ることができました。次に、沖縄ならではの食を楽しむことができました。ホテルでのバイキングでは、ソーキやゴーヤチャンプル、パイナップルなどが出されました。私の周りでは、最終日に市販のパイナップルジュースを記念に買って帰る人が多かった気がします。また、お土産としての紅芋タルトは圧倒的人気でした。他にも星砂アート体験や離島体験、ホテルアクティビティなど、日頃はできないような体験をすることができ、各人がそれぞれのコースを楽しんでいました。この修学旅行を通して、クラスの中で親睦が深まったと思います。思い出に残る修学旅行になりました。

「修学旅行」   C
12月12〜15日まで、僕たち二年生は沖縄に修学旅行に行ってきました。一日目は、やいま村というところに行きました。やいま村にはたくさんのリスザルがいて、とてもかわいかったです。日光八重山ホテルでは、夕食に沖縄のおいしい料理をたくさん出してもらいました。二日目、僕は野生生物保護センターなどに行きました。貴重なイリオモテヤマネコの剥製などを見ることができて、とても心に残りました。クラブメットでは、さまざまなアクティビティを楽しむことができました。バーなどもあり、大変充実した時間をすごせました。三日目は、少し天気が悪かったですが、シュノーケリングをして美しい魚を見ることができました。その後は、クラブメットを離れて石垣島を散策し、お土産を買って帰りました。飛行機が遅れて、少しあせりましたが無事に帰ってくることができてよかったです。この修学旅行は、高校生活で忘れられない思い出になりました。

「修学旅行」     D
私たち70期生が2年生進級当時から楽しみにしていた石垣島への修学旅行の行程は、12月12日から12月15日までの3泊4日、そのうちの2泊目と3泊目はホテル「クラブメット」を、生野高校貸し切りという形で行われました。私がクラブメットに到着したのは午後7時頃、その日の離島体験の行程の都合上、ほかのグループより遅れての到着となり、辺りは真っ暗になってしまっていました。敷地内から見える綺麗な景色は翌日までお預けとなりましたが、通路やプールがライトアップされていて幻想的な雰囲気を醸し出していました。私自身、こういったリゾートホテルへの宿泊は初めてで、少し圧倒されてしまいました。
食事は、三食すべてビュッフェ式の食事でした。一食ごとにメニューが変わり、どれもとても美味しかったのですが、一番驚いたことはホテルのスタッフ(あちらではGOと言うそうです)も私たちと一緒に食事をとると言う事でした。クラブメットは海外の会社なので、こうしたフレンドリーな習慣があるようです。ちなみに石垣のGOは半分が日本人、半分が外国人なので、中には英語で会話しているテーブルもありました。
3日目は、私たちのクラスは午前にチームビルディング、午後には各種アクティビティを行いました。チームビルディングは、敷地内に配置されたGOたちに英語でヒントを貰いながら宝箱を探す、というイベントでした。私のチームも、いろんなGOにヒントを貰いながら頑張りましたが、残念ながら賞をもらうには至りませんでした。昼食の後はアクティビティの時間です。3時間ほど自由時間という形で、各種アクティビティを楽しむことができました。内容はテニスやサッカーなどのスポーツからカヤックまで多種多様、私もシュノーケリングを楽しみにしていたのですが、残念なことに午後から海が荒れ始めて波が高くなり、断念せざるを得なくなりました。
今回のクラブメットでの宿泊はとても楽しく、修学旅行の思い出に強く残る体験となりました。

「阪大ツアーにて」   E
11月19日、私は大阪大学ツアー2016に参加し、高等司法研究科の模擬講義「人から話を聞き出す手法と証人尋問のルール ―おとぎ話を題材にした模擬証人尋問―」を受けました。
人から「言いたくないこと」を聞き出すのはとても難しいことです。特に、聞く人と話す人との間に警察と容疑者、親と子などの関係があれば、聞き手が話を誘導する可能性があります。それは証人尋問でも同じで、主尋問をする検察官は誘導尋問をしてはならない一方、反対尋問をする弁護人は積極的に行うべきだそうです。
その後、模擬証人尋問の場所に移動しました。テーマは「桃太郎の強盗致傷事件」。桃太郎は住居侵入罪、強盗致傷罪に問われていて、証人が赤鬼の設定でした。この時、役決めで裁判官役に立候補しましたが、じゃんけんで負けてしまいました。台本が途中から無く、アドリブで続けていたので、とても難しかったです。
最後の質問の時間に、「法曹関係の職に必要な適性があるか」ということについて質問しました。(この時自己紹介をして、生野生から若干どよめきが起こった事は気にしてはいけません)それに対しては、「目の前の事に熱意をもって取り組める」人が向いている、ということでした。将来法学部に進もうと考えているので、この模擬講義を受けてより一層法学部に入ろうと思うようになりました。

「大阪教育大学キャンパスガイド」 F
希望者対象の大阪教育大学キャンパスガイドへ行きました。
大阪教育大学の最寄りの駅は近鉄大阪線沿線にあり一つ越えると奈良県という、自然豊かな山奥の広大な敷地にあります。秋なのでとても綺麗な紅葉や、澄んだ空気が印象的でした。
登山(大教に行くこと)を終え、キャンパスガイドのオープニングは金管楽器やクラリネットのアンサンブルがあり、またその後、大阪教育大学の特色や教育課程の説明がありました。キャンパス内の案内では、担当の学生が生野高校の卒業生でとても気さくに話しかけてくださいました。特に印象に残った場所は図書館で、私の家の近所の図書館よりかなり大きく、本が置いてあるだけでなく、自習などができるスペースがありしっかり勉強に打ち込める環境が充実していると感じました。また昼食は食堂でいただき、とてもおいしく、空間が開放的で全体的に綺麗な印象でした。午後からは講義を受けたりして、一日中、有意義な時間を過ごせました。
これからも、積極的にこのような行事に参加しようと思います。


「合唱コンクールとインフルエンザ」 G
初めまして!Gです。最近、自分の中で本を読むことがマイブームになっています。冬は外に出たくないので、家で何かゆっくりしながらできる趣味なんかがあるといいですよね(笑)。
冬は自分が所属している部活のシーズンということもあり新人戦が開催! 結果は、私立の名門校相手に惨敗・・・。自分の公式戦初出場は悔いの残る試合となりました・・・。
さて、冬のこの寒さもあってか、1年生ではインフルエンザが大流行し、3組6組8組が学級閉鎖となりました。ちなみに僕もインフルにかかってDOWN・・・。(-_-;) まあ軽症で済んだのでいい骨休めとなりました(笑)。
丁度そのころ、生野高校では合唱コンクールの時期でもあり、みんな初めてのことで気合が入り、朝早くから歌の練習をしたり、放課後も残ってたくさん練習しました。1組は1組らしく、なかなか人が集まらず危うい感じでしたが、何とか完成まで持っていくことができました。
そんな中、3組が運悪く合唱コンの日と学級閉鎖が重なってしま3組なしで合唱コンを行うことに・・・。3組の分もしっかり歌うことができた合唱コンだったと僕は思います。
さて結果は・・・。
金賞は7組、銀賞は8組、銅賞は6組!
個人的な感想を言うと、総まとめの時に1組と7組が間違って発表されてしまい、一切感想が耳に残りませんでした・・・残念!
まあ、そんなこんなで色々ありましたが、このクラスで取り組む最後のイベントをしっかり楽しめたと思います! そして合唱コンが終わると、みんな体力が尽きたのか、僕も含め、たくさんの人がインフルとなり学級閉鎖が相次ぎました。みんな、お疲れ!!!
今月の終わりに、今年度最後のテストも控えているので、部活や色々やることは山積みですが、体調管理もしっかりしながら万全の状態で、最大限の実力が出せるよう頑張りましょう!


「ハンドボール部」 H
こんにちは!! ハンドボール部です!!
私たちハンドボール部は、2年は男子11人、女子1人、マネージャー2人、一年は男子12人、女子6人で活動しています。平日は放課後と、土曜日は午前に練習を行っています。
昨年度までは、男子ハンドのみでしたが、今年度から71期の女子が入部して、女子ハンド部が再始動しました! 男女どちらもチーム内の仲が良く、和気あいあいと日々活動しています。
ハンドボールは、あまり知られていないスポーツですが、スピード感があって、ダイナミックで、プレーしていてとてもおもしろいスポーツです!! ハンドボールに少しでも興味がある人は、男女問わず、ぜひ一度体験や見学に来てみてください!!
ハンドコートでお待ちしています!!!

「吹奏楽部です!」  I
みなさん、こんにちは! 吹奏楽部です。現在、一年生25人、二年生26人の計51人で活動しています。この部活のモットーはIkuno Wind Orchestraの頭文字IWOをとって、「いつも 笑って 音楽を」です。部員中心の部活で毎日楽しく、時には厳しく練習し、学校のイベント、コンクールなど様々な本番に出演しています。2016年の夏のコンクール南地区大会では金賞をいただくことができました。これからも、いい音楽を作れるように精進していきたいです。
今は、4月2日河内長野市のラブリーホールで行う「第32回定期演奏会Fantastic Concert」に向けて練習しています。個性豊かな部員たちが、それぞれの音楽に込める想いをお客様に伝え、伝わるということができるように一生懸命頑張っているところです。二年生はこれをもって引退するので、70期生と71期生が共に過ごした一年間の集大成となる舞台です。私たちの青春を捧げたサウンドをお届けしますので、ぜひ足をお運びください。
posted by 執行部 at 15:16 | 2016年

2016年12月20日

Inews+ 12月号

Inews+

Move fast and break things.  Unless you are breaking stuff, you are not moving fast enough.〜素早く行動し、不要なものは捨てる。何かを捨てなければ素早く動けないからだ〜
Mark-Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ/Facebook創始者)



「進路講演会」 A
11月17日の5限目に進路講演会がありました。駿台予備学校の講師がお話をしてくださいました。そこで普段聞けないようなお話を聞きました。話の内容は、少子化のため年々受験人数が減ってきていることや、国公立大学が選ばれる理由、現役合格者と現役不合格者の差などがありました。特に難関国立10大学とほかの国公立大学の科学研究費補助金の金額の差がゼンゼンチガウ、、、ことに驚きました。他にも、現役合格者と非現役合格者の差は、受験勉強スタートの時期や、計画的に学習ができる・できないにある、という話がありました。
普段自分の進路について深く考えることがないのでとてもいい機会になりました。講師の方も言っていたように、学校の授業を大切にし、向上心を持って受験勉強に取り組みたいと思います。
今のままで第一志望の大学に合格できますか?? イゴッソォォォォォォォォ!!

「二回の進路講演会」 B
私たち二年生は、先日二回にわたって進路講演会を受けて、受験のことや将来の仕事のことなどの話を聞きました。
受験の話については、これからどのように勉強していくべきなのか、受験の仕組みなど、いろいろな話を聞きました。それを聞いて、勉強を頑張ろうという気になった人は多いと思います。
仕事の話については、「勉強がいくらできても人間性がなければ仕事はできない」という話が私にとってとても印象が強かったです。大事なのは勉強だけではないということが改めてわかりました。
進路講演会を受けて、自分の将来のことをしっかりと考える機会を持つことができました。まずは、大学受験への勉強を頑張ろうと思います。そして、自分の将来の夢を叶え、仕事も頑張っていきたいです。良い進路講演会でした。


「エンジョ〜イ合唱」 C
Newsです! いよいよ1月26日に、71thの合唱コンクールが行われます。
僕は、すごく楽しみにしています。合唱コンは、本番までにたくさんのドラマがうまれます。例えば、歌うのが嫌な男子が最初、声を出さなくて怒られたり、どうしたら、もっとうまく歌えるかを、みんなで話し合っているうちに、ケンカになってしまったり・・・ 結構あるあるですよね。でも、ケンカした後は、みんながお互いを分かり合って、さらに絆が深まると思います。
 僕が、生野高校に入学して、8ヶ月以上経ちました。例えば今、先生に、「クラス全員の良いところを、一人ひとり5分以内に書いてみて」なんて言われたら、正直難しいです。それは、僕がこれまでにクラス全員の性格を知るほど、コミュニケーションをとれていなっかたからです。今、仲良くしている人でも、まだ僕の知らない良いところが絶対にもっとあります。そんな、みんなの良いところを、この合唱コンを通じて全力で見つけます!!!
 こんなことばっかり言ってたら、「お前、歌う気あんのかいっ。」っていう声が飛んできそうですが、歌う気はめっちゃあります。(上手いか下手かは別にして・・・)
では、歌うことについてのお話に移りましょう。合唱は、みんなを笑顔にする魔法があります。楽しそうに歌えば、最初は声を出しているだけでも、気がつくと、心と身体が知らず知らずに躍って楽しんでるんです。だから、僕は、会場へ来てくださった人たちにも、一生懸命歌うことで楽しさと感動を伝えます!
 そして、本番が終わった後、達成感あふれる気持ちになれるよう、71thのみんな、一緒にエンジョ〜イしましょうね!!!
読んでくださったみなさん、ありがとうございました!


「ソフトボール部」 D
こんにちは!! ソフトボール部です! 私たちは、2年生5人、1年生7人の計12人で活動しています! 主に、平日の放課後と土曜日の午前中に活動しています。練習はキャッチボールから始まり、基本練習を重点的に行っています。先輩・後輩の仲がとても良く、笑顔が絶えないチームです!
最近の大会では、南河内で第3位という結果を残すことができました。これからもこの結果を糧に、日々切磋琢磨していきたいと思います。
2020年には、東京オリンピックにソフトボールが復帰します! 少しでもソフトボールに興味を持った人は、是非、ソフトボール部を見に来てください!!

「こんにちは、音楽部です!」 E
こんにちは、音楽部です!
私たちは2年生8人、1年生7人、3年生1人の計16人で合唱をしている部活です。活動中は、やることはしっかりやりながらもみんなで和気あいあいと楽しく一つの音楽を作っています。歌では体じゅうを楽器として使うので、腹筋や体幹などのつらいトレーニングもありますが、みんなでハーモニーを作ることは、おもしろく楽しいので、合唱に興味がある方や歌うことが好きな方は、ぜひ平日の放課後に時習館まで来てください! 音楽部はいつでも新入部員を募集しています!
主な活動としては、毎年、夏は8月に開催されるNHK全国学校音楽コンクールに、冬は1月に開催される大阪ヴォーカルアンサンブルコンテストに出場しています。現在、大阪ヴォーカルアンサンブルコンテストに向けて「人生が一時間だとしたら」という曲と、「Salve Regina」というラテン語の曲を練習しています。また、春にはDe愛コンサートという定期演奏会をしていて、来年で34回目になります。その他には、11月23日に行われた大阪府高等学校音楽会や、12月18日に第七ブロック高等学校音楽会に、合同合唱団として出させていただいたり、などの他校と合同で演奏することもあります。校内では七夕や文化祭、クリスマスにコンサートをしたりしています。12月21日水曜日のお昼休みに、至誠ホールでお弁当持ち込みOKのクリスマスコンサートを行います。合唱曲だけでなく、皆さんにとって聞き覚えのあるような曲もいくつか歌いますので、ぜひ来てください!
posted by 執行部 at 15:22 | 2016年

2016年11月25日

Inews+11月号

Inews+

驥(き)は一日にして千里なるも 駑馬も十駕すれば之に及ぶ
〜 足の遅い馬であっても十日間走り続ければ 一日に千里も走る足の速い名馬に追いつくことができる 〜
〔 駑(ど) 馬(ば) 十(じゅう) 駕(が) 〕               (『荀子』)



「校内模試ふりかえり」      A
11月9日に第2回校内模試がありました。3年生は9月の文化祭後、クラスの雰囲気もだんだんと受験モードに切り替わってきて、中にはすでにAO入試や公募制入試を迎える人もいる状況です。前回の校内模試より成績が上がっていたり、なかなか手ごたえを感じることができなかったり、個人で違いますが、毎日自分の課題と向き合って頑張っています。私は、今の自分の実力に不安を感じる時もありますが、学校へ来て友達と話して笑うだけで、とても元気になれます。
センター入試まであと1か月半。次の定期テストが終われば、いよいよクラスも解体されて本格的な受験対策の授業も始まります。友達と励ましあったり、合格して笑っている自分の姿を思い浮かべながら、最後まであきらめずに受験を乗り越えたいです!頑張ります!


「最後の合唱コンクール!!!」    B
二年生の合唱コンクールは、一年生の時とは違って自由曲を自分たちで作詞作曲します。作詞作曲については、夏休み前から始め、何度も某音楽先生にとても厳しいcheckを受けて完成します。練習は朝と放課後にあり、クラブや習い事などがあって、なかなか全員がそろって練習することが難しかったです。でも、パートリーダーが先導して練習が進んでいきました。
僕は今回初めて指揮者をしました。ピアノ伴奏者に教わりながら、なんとかできるようになりました。本番では少し緊張もしていましたが、発表中に友達と目が合い、緊張がほぐれて自然と笑顔になって指揮をすることができました。
自分たちの曲は永遠に我らの心にあり !!!!!


「学校説明会」             C
11月12日に、学校見学会がありました。
初めにビデオを用いた学校紹介が体育館で行われ、その後、模擬授業体験と部活動体験に分かれて体験してもらいました。僕は男子バレーボール部に所属しています。部活動体験で中学生に来てもらえたので、すごく嬉しかったです。それと同時に、中学生のプレーに刺激され、自分たちももっともっとうまくならないといけないと強く感じました。体育館での学校紹介では、保護者の方々が熱心にお聞きくださっていて、嬉しかったです。
 また、各部活動の皆さんや体育館設営をしてくださった皆さんもご協力ありがとうございました。お疲れ様でした。
 思えば僕も去年の今頃、中学生として学校説明会に参加しました。その時の、校門を入った後の生野生たちの活気あるあいさつが印象的でした。その時、生野にはいい人がいっぱいいるなと思いました。門以外の場所でも「高校入試、頑張ってください。」と言われたりしました。僕の中でも、生野生のそういうところが、高校を決める上での要素の一つとなったと思います。今度は迎える番なので、保護者の方や中学生を見かけると、生野生として、しっかりあいさつしました。
この学校見学会に参加してくださった人たちに、生野高校の雰囲気や生徒たちの様子等を少しでも多く感じ取って帰ってもらえたならば嬉しいです。



「ラグビー部」 丸いやつより、楕円球!
D
ラグビー部です!
僕たちは今、部員が少なく他校と合同チームとして活動しています。しかし!部員の少なさを感じさせないくらい、明るく楽しくひたむきに毎日、青春の汗を流しています! また、土日は合同練習なので人数も増え、より明るい雰囲気で練習できます!
ラグビーって??と、言われると 怖い。痛い。とか思う人が多いと思います。もちろん、そうかもしれません。でも! それ以上に楽しいことが、たくさんあります! ラグビーには様々なポジションがあり、相手を吹き飛ばすことも、華麗に抜き去ることもあり、自分にあったプレーを選ぶことが出来るのです! 本当にラグビーはとても魅力的なスポーツだと思います!
一度、ラグビーというスポーツに興味を持ってみてはいかがでしょうか? もしかしたら、あなたもラグビーに一目惚れするかも…

「E.S.S部」Would you like to join our club ?
F
Hello everyone , we are ESS club and today , we would like to introduce what we do at ESS !!
私たちESS部は、毎週火曜日と水曜日に、LL教室で楽しく活動しています。部員は1年生が8人、2年生が5人です。顧問の先生は、James先生で、Oscar先生もよく来てくれます。普段の活動内容は、英語でおしゃべりやゲームをして、英語を使う練習をします。英検や定期試験前は、James先生に英語の勉強を見てもらいます。ESS部はイベントが多いです。ハロウィンやクリスマスには、パーティーをして、学年関係なく仲良く遊びます。この間のハロウィンには、“Trick or Treat”と言って、お菓子をもらい、英語で「怖い話大会」をしました。
今年の文化祭はESS部員でLemonadeを売りました。英語で注文を受け、多くの方々にアメリカのLemonadeを紹介しました。数人のお客さんに 「本当に日本人?」と聞かれてうれしかったです。思ったよりも人気で、両日2時間くらいで完売し、驚きました。
ESS部では、海外から来る生徒と交流することも、主な活動内容の一つです。去年はオーストラリア、今年は韓国やヨーロッパから来た学生さん方と交流しました。日本を紹介するプレゼンテーションをしたり、向こうの国の文化を知ることができたりと、毎回とても楽しいです。
ESS部はいつでも部員を募集しています。ゆる〜く楽しく活動しているので、ぜひ見学に来てください。
Thank you very much for reading this article and we are all looking forward to seeing you as a new member of ESS !!
posted by 執行部 at 06:24 | 2016年

2016年10月26日

Inews+ 10月号

Inews+ 10月号

Don’t judge each day by the harvest you reap but by the seeds that you plant.
― 毎日をその日の収穫高で判断せずに、まいた種で判断しなさい。 ―
Robert Louis Stevenson(ロバート・ルイス・スティーヴンソン)



「人権講演会」 O
10月20日の4・5時間目に人権講演会がありました。
根木慎二さんが来てくださいました。
車いすバスケットや夢を叶える方法などたくさんの話をしてくださいました。根木さんの話を通して、障害を作っているのは社会である、など新しい考え方も学びました。
車いすバスケットの体験では、生徒と先生が体験し、試合では大盛り上がりでした。車いすを使ったバスケは、とても難しそうでしたが、みんな楽しそうでした。
6組の和田先生が、試合で大活躍していました。
根木さんのお話は、受験生の私たちにとってもためになるものでした。私たちも、夢を叶えるために頑張っていきたいと思います。


「合唱コンクールに向けて」  A
 合唱コンの練習が始まりました。今年の課題曲「風になりたい」は、去年の「地球の歌」よりも難しいような気がします。僕は、バスのサブリーダーなのですが、いまだによくわからない部分もあって焦っています。うちのクラスは文系クラスで、男子よりも女子の方が多いので男子が頑張らないといけません。二年生の自由曲は、自分たちで作詞作曲をするのですが、僕は全然音楽ができないので、一から曲を作る人たちは本当にすごいと思います。朝練・放課後練で全員がそろうことはめったにないと思いますが、協力してしっかり練習したいです。クラスの一人一人がちゃんと練習して、合唱コンが終わった時に「よかった」といえるような歌になったらいいなと思います。優勝目指して頑張りたいです。

「目指せ金賞 !!!」 N
今回の合唱コン、私が2年9組の自由曲の作詞を担当させてもらいました。
作詞作曲の担当を決める会議の時、私には作詞の経験がなく、最初は引き受けることを渋っていたのですが、みんなに「お前しかこの仕事を出来る奴はいない!やってくれ!」と必死に頼まれたので、
期待に応えたいという気持ちと、自分の限界に挑みたいという心持ちで作詞に臨むことを決意しました。とは言っても、音楽部に入部するまでは音楽と関わることが全く無かった身でしたので、クラスのメンバーや作曲の方にも協力してもらいながら、作詞作業を行いました。最初に作曲者の方が曲を送ってくれたものに、親しい友人数人と話し合い、イメージを膨らませ、作詞を進めていきました。
その際、機械での音源作成にとても詳しい人がいて、手伝ってもらったのも大きな助けとなりました。
最初に聞いた時から曲はとても素晴らしいものだったので、これを活かすことができる歌詞をつけられるのかどうかは不安でしたが、最終的には納得のいく詩が書けたと自負しています。


「英語検定」 N.Y
10月7日に準2級の英検がありました。僕は4級までしか受験したことがありませんでした。3級をとばして2つ上の級を受験することになったので、少し不安でした。
試験の前日、何度も過去問を解きました。筆記問題もリスニング問題も難しく、なかなか合格点を獲れませんでした。解き直しをしたり、解説を読んだり、知らない単語を辞書で調べたりして夜遅くまで勉強しました。
翌日、ついに受験日がやって来ました。問題用紙が配られたとき、緊張して心臓をバクバク鳴らしながら、「問題が難しくて不合格だったらどうしよう……。」と心配していましたが、深呼吸して自分を落ち着かせて、「昨日あれだけ頑張ったんだから大丈夫だ。」と心の中で呟きました。
試験は、わかる問題がたくさんありました。頑張って勉強していてよかったと思いました。まだ合否はわかっていませんが、とても気になります。合格していたらいいなと思います。



「サッカー部」 S.B.
こんにちは、サッカー部です!
サッカー部は現在1年生28人、2年生20人で活動しています。練習では一人一人が目的意識を持ち、個人のレベルアップとチームワークの向上を目指しています。大変で辛いときもありますが、それを乗り越えたときの達成感や楽しみの方が勝ります。
今年は、高円宮杯U-18サッカーリーグで4部から3部に昇格しました。今は春のインターハイに向けて日々の練習に励んでいます。
先輩後輩の仲もよく笑顔が絶えず、楽しんでサッカーをやっている明るい雰囲気の部活です。
家族や他にも多くの方々の支えがあってサッカーができていることに感謝して、これからもチーム一丸となって頑張っていきます!

「家庭科部」 S・S
私たち家庭科部は、2年生6人、1年生3人の計9人で、毎週木曜日に活動しています。普段はお菓子を作ることが多いですが、長期休みにはお昼ご飯を作ったり、お裁縫をしたりもします。今年の夏休みには、タコライスや冷静パスタ、フルーツゼリーを作りました。また、文化祭に向けてマドレーヌの試作もしました。家庭科部は毎年文化祭で自分たちが作ったお菓子を販売しています。朝早くから学校に来てオーブンの熱で暑くなった調理室で作るのは大変ですが、1時間もたたないうちに売り切れるので頑張ってよかったなと思います。今年は特に1年生の人数が少ないので少しでも家庭科部に興味を持ってくれた人は見に来てくれたらうれしいです。
posted by 執行部 at 07:08 | 2016年

2016年09月16日

Inews+ 9月号(文化祭)

Inews+

しあわせは 歩いてこない  だから歩いて ゆくんだね  一日一歩 三日で三歩   三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ  汗かき べそかき 歩こうよ  あなたのつけた 足あとにゃ  きれいな花が 咲くでしょう
腕を振って 足をあげて  ワン・ツー ワン・ツー  休まないで 歩け
ソレ  ワン・ツー ワン・ツー  ワン・ツー ワン・ツー               (「三百六十五歩のマーチ」 星野哲郎)



「最後の文化祭」     A
今年の文化祭は最後ということで、思い残すことがないようにしようと思い、全てのことに全力でとりくみました。ずっとやってみたかった中庭の有志にも参加しました。練習は大変でしたが、中庭のステージに立ち、発表している短い時間はとても楽しく、素晴らしい思い出になりました。クラブでは、後輩達を見て、前年度まで自分達がしていたことを受け継いでくれているのを感じることができて、とても嬉しかったです。クラスでは、3年生になって模擬店をすることになり、1・2年生の時にくらべてとても忙しく大変になりました。ですが、クラスメイトと一緒に、内装を考えたり作ったりすることはとても楽しかったです。当日は、いくつかトラブルがおきてしまいましたが、なんとか店を運営することができ、2日目に完売した時は本当に嬉しく、とても達成感がありました。また、後夜祭も吹奏楽部やダンス同好会などの有志の人たち、軽音楽部のライブなど、とてもすごくて感動しました。最高の文化祭でした。

「IESAKO WORLD」 B
 〜IESAKO WORLD〜
 スタートは体育祭のクラスTシャツでした。特活委員のぼくに渡されたデザインの下書き。
「むむむっ!これはジュラシック○○○やん!?」
このデザインは著作権で幻となりましたが、練り直してできたクラスTシャツには、イエサコザウルスのいる「IESAKO WORLD」が描かれたのです!!
 そして、文化祭。ぼくたちは模擬店で焼き鳥を売ることになり、IESAKO WORLDを前面に出して売ることに決めました。そこで、IESAKO WORLDの雰囲気を出すために、内装やごみ箱に加えフォトスポット‐ザウリン(名前を間違えている方もいました笑)‐に力をいれました。製作途中で材料が足りなかったり、いろいろ問題がありましたが、完成できたのは、みんなが放課後遅くまで残って作業したり、一生懸命頑張った成果だと思います! だから、文化祭の準備が終わった時の達成感と喜びは言葉では言い表せられないくらい大きかったです!
 文化祭当日は、多くの方に来ていただき、大盛況でとても忙しかったですが、うれしい忙しさでした! 「めっちゃおいしかった!!」という声もたくさんいただけて本当に良かったです!
 3年なので最後の文化祭でしたが、1年のときや、2年のときよりもめっちゃ楽しくて、今までで「最高」の文化祭でした!!!!!
 ※ご注意 『秘密の味』明かしちゃいます(>_<)※
バラしてしまう機会もないので、ここでバラしちゃいます(笑)
焼き鳥の味付けで『秘密の味』ってありましたよね??
あれって『怪味ソース』という商品を使わさせていただきました!
「もういちどあの味を!」「限定やったから食べられへんかった(泣)」という方は、ぜひお買い求めください!(別にまわしものじゃないですよ…)


「文化祭」   C
 9月10日と11日に、本校では文化祭が開催されました。文化祭は一般にも開放され、2日間でとてもたくさんの方がご来場されて、校内もとても賑わった様子でした。
 10日の朝一番、生徒たちによるオープニングセレモニーから文化祭は始まりました。吹奏楽部による開会の演奏から生徒会長の挨拶、校長先生のお言葉に続き、各グループの宣伝パレードが行われました。各グループがそれぞれの衣装をまとい、意匠をこらした宣伝をしていく様子はとても面白く、文化祭の開幕を強く感じました。
 本校の文化祭では、主に1年生が劇・映画、2年生がお化け屋敷などの縁日系、3年生が飲食系の模擬店を出します。私のクラスは2年生なので縁日を開きました。開催前は、あまりお客さんはこないと予想していましたが、実際は開場直後から大盛況で、クラスメイトを4分割したシフトでは人手が足りないような状態でした。用意していた景品が、1日目で全て出し切ってしまうというハプニングも……。このように、予想外の事態に見舞われながらも1日目は無事終了です。
 2日目は、一般開放もそこそこに後片付けを行いました。文化祭モードだった校内がたった数時間で普段の姿にもどり、私は授業と課題の日常にひきずり戻されました(笑)。しかしこの後、文化祭の最後を締めくくるイベントがあります。後夜祭です。
 後夜祭では、クラブや有志のグループによって演奏(吹奏楽)、ダンス、漫才、ヲタ芸などが行われましたが、なんといっても印象に残るのは軽音楽部によるライブです。大迫力の演奏は文化祭の最後を飾るのにふさわしいものでした。
後夜祭は、すべて生徒のみで進行しましが、それでもはしゃぎすぎて怒られるような事はありませんでした。こういった、楽しいときでも弁えるべきは弁えるところに、生野生らしさがあるのではないかと思います。この雰囲気を皆が大事にし、保たれたまま、次回以降の文化祭が開催される事を願います。

「百花斉放!」   D
今年も素晴らしい青空のもと、文化祭を迎えることができました!みなさんは文化祭を思う存分楽しめましたか?私にとっては二度目に文化祭でしたが、クラスの仕事に、クラブの仕事に、SSHの中間発表にと、一年の時に比べるとずいぶんと忙しかったなと思いました。それでも、自分が行きたかったところにはちゃんと行けたし、ほかにもいろいろなところをまわってみることができました。私が一番楽しかったのは、自分たちで演じた劇です。練習中でもなかなかうまくいかず、本番も失敗してしまうのではととても心配でしたが、本番ではみんな緊張していたものの、ほとんど失敗もなく今までで一番といえる劇にすることができました!なにより見に来ていただいたお客さんが想像以上に笑ってくれていたのがとてもうれしかったです。後夜祭も、ダンス、吹奏楽、漫才、軽音と盛りだくさんで最後まで興奮しっぱなしでした。思い出に残る文化祭でした!


「文化祭」          E
清々しいほどの晴天の下、文化祭の始まりを告げるファンファーレが聞こえました。
 私のクラスは、一日目の早い時間に、劇をすることになっていました。そのため、準備をする夏休みの時から、早め早めに大道具制作やセリフ合わせをしてきました。役者が揃わなかったことも多々ありましたが。それでも、本番はみんなで「楽しんでこーぜ!」と言い合い、のびのびと演技することができました。今までで一番楽しみながら、いい演技ができたと思います。少しセリフを忘れたり、途中で放送が入ったり、と小さなハプニングはありましたが、それもいい思い出となりました。
 文化祭全体としては、部活の店番の時間が一番長かったです。教室に入ってくる人は様々で、若い人からお年寄りまで、外国人も来ました。いろんな人との交流ができて、いい経験になりました。ただ、あまり他の店や劇などをあまり回れなかったのが、唯一の心残りです。
 文化祭二日間ともに晴れ、後夜祭では、周りのテンションについていけなかったり、花火が今まで見たことがないもので、きれいでした。
初めての文化祭と後夜祭。そのどちらもが、いい思い出となったと思います。


「陸上競技部」      F
こんにちは。陸上競技部です。
現在、陸上競技部は男子39人、女子15人の計54人で活動しています。男女、そして、先輩後輩同士も仲が良く、毎日楽しく活動しています。放課後2時間という短い時間での中身の詰まった練習で、部員一人ひとりがライバル意識を持ち、一つ一つの練習に全力で取り組んでいます。
また、競技力だけでなく、日常生活での挨拶や礼儀なども大切にしています。人間性を大事にしながら、これからも更なる高みを目指し、近畿、全国大会に向け、頑張っていきたいです。

「競技かるた同好会」
G
みなさんこんにちは! 競技かるた同好会です。私たちは、月水木の週3日プラス、外周を走ったり体幹を鍛えたりしています。現在2年生1名、1年生4名の計5名で活動しています。練習は主に試合形式がメインで、大会で良い結果を残せるように楽しみながらも、日々切磋琢磨しています。部員のほとんどは、高校から始めた人ばかりで、百人一首の百首全てを覚えるところからのスタートでしたが、今では全員が百首を覚えて、どんどん上達しています。
競技かるたはどんなものか知らない人も多いと思うので、紹介したいと思います。競技かるたは『畳の上の格闘技』と呼ばれるほど、実はハードな競技です。頭も体も使わないと勝つことはできません。暗記力や瞬発力、精神力、集中力などが問われます。これだけ聞くと難しそうと思う人もいるかもしれません。確かに、簡単ではありませんが、やればやるほど面白くなるのが競技かるたの魅力だと私は思います。札を払うときのスピード感や技術、札が読まれ始めるときの緊張感、相手との駆け引きなど、魅力的な要素が多くあります。一筋縄ではいかないからこそ、やりがいがあるし、とても奥が深くて面白いと思います。
活動日ならいつでも見学OKで、学年男女問わず新入部員大歓迎です! 今からでも遅くないので少しでも興味のある人は、中棟3F多目的VA教室で活動しているので、是非、来てみてください!

posted by 執行部 at 16:14 | 2016年

2016年07月19日

Inews+ 7月号


発行

2016年度7月号 平成28719

大阪府立生野高等学校 自治会広報

Inews+



All our dreams can come true if we have the courage to pursue them.

(夢を追いかける勇気こそが、夢を叶える。)       Walt Disney

よい夏を!




3年生通信




「芸術鑑賞」                  A


622日、私たちは、芸術鑑賞ということで、藤井寺パープルホールへ演劇を見に行きました。聾学校の生徒たちが自分たちで野球部を作り、甲子園に出るための予選に出場できるように、様々な困難を乗り越えていくという物語でした。私はその劇を見るまで、甲子園予選には誰でも出ることができると思っていたので、びっくりしました。生まれつき持っている性質で差別されるのはおかしいと思いました。でも、その差別にくじけないで戦っていく彼らの姿に私は感動させられました。今までになされなかったことを彼らは諦めず、努力することによって達成しました。私たちも、これから大学受験という最大の壁がまちかまえているけれど、諦めずに努力し、目標を達成したいと思いました。




「クラブ引退」               B




文武両道を目指すこの生野高校では、勉強はもちろんのこと、毎日部活動にも励んでいます。おそらく3年間の高校生活の中で最も仲間と過ごす時間が長いであろう部活動ですが、この春からにかけて、私たち69期生は引退を迎えつつあります。「ついこの前入部したばかりなのに」と、時が過ぎる早さを感じている人も多いのではないのでしょうか。放課後の楽器の音や体育館のシューズが擦れる音、グラウンドに響く声がもう懐かしく聞こえたり……。それぞれ辛かったことや後悔していること、やり残したことなどはあると思います。でも思い返せば、そんなことより一番に浮かんでくるのはいい思い出ばかり。部活動を通して得られたものは、受験勉強からは得られないことだと思います。そんな思いを忘れずに、残り少ない高校生活を大事に過ごしていきたいです。





2年生通信




「一日総合大学」             C


7月13日に一日総合大学がありました。大学の先生に来てもらい、それぞれ興味のある講義をうけました。


 僕は薬学の講義を受けました。大学にある研究の種類や卒業までの過程、就職先など様々なことを詳しく教えていただきました。先生は「今は薬剤師不足なので、就職先にこだわりがなければ、就職はできる」と言っていたので、希望を持って勉強に励もうと思います。


 もう一つは、機械の講義を受けました。講義の内容は、生物のからだの構造を利用したロボットについてでした。従来のロボットでは実現できなかったものも、生物のからだの構造を模倣することによって実現できるという、興味深い講義でした。


 普段、経験することのない体験ができて、自分の進路に対する関心がより一層高まりました。これから徐々に受験が近づいてきますが、気を引き締めていきたいと思います。




「一日総合大学 !」                E


 7月13日に一日総合大学がありました。事前に各自で選んだ2つの学科について、実際に大学の講義を体験しました。たくさんの大学から先生方に来ていただき、24分野、のべ41講座を開講していただきました。


 私は看護学の講義を受講しました。看護師になるにはどうすればいいか、看護師になってからはどのような道があるか、詳しく教えていただきました。知らなかったことばかりでとても興味のある内容でした。今まで看護師に関連した他の仕事のことは知りませんでしたが、「そういう仕事もいいなあ」という発見があり、将来のことを考えるときの視野が広がったと思います。


 看護師の説明だけでなく大学での簡単な実習もしました。大学の授業も高校で習ったことが基礎になっています。看護学でいえば、生物が基礎になっています。「今習っている生物をしっかり頭に入れておけば、大学の勉強が少しはラクになる。」と、先生はおっしゃっていました。だから今の授業を入試のためだけでなく、将来に活かせるように勉強したいと思います。


今回の講義を通じて、自分の受けたい学科や大学の講義について、たくさん知ることができました。これから志望校、志望学部・学科を決めていく中で、今日の体験を参考にしたいと思います。





1年生通信




「イングリッシュキャンプ!」            F


僕は、英語が嫌いです。大嫌いです。イングリッシュキャンプについての手紙に、「英語活動を行い、集中的・効果的に英語運用力の向上を図る」と書いてあるのを見て、震えそうになったのを今でも覚えています。


そして迎えたイングリッシュキャンプ当日……。


ぼくは班長だったので、ウェルカムボードを持ってお世話になる講師をお出迎えしなければなりませんでした。「○○先生!」僕が日本語で呼んでしまったその先生は、アメリカ出身のとても声がいい先生でした。しかし、お出迎えすることができたのは良かったのですが、どのように声をけたらいいのか分からず、お互い無言のまま実習教室に向かいました。


実際に授業を受けてみると、先生はとても親切で、よく僕たちと話してくれたので、時間がたつにつれて先生との壁がなくなっていきました。確かに先生の口から出てくる英単語は難しくて、なかなか聞き取れなかったりしましたが、思った以上に、というよりも、とても授業が楽しくて、みんなでミニスピーチをしたり、ディベートをしたり、将来役に立ちそうな様々な授業をしていただきました。特にディベートの時、僕たちは自分たちと反対の意見の人たちにする質問を考えなければならなかったので日本語で質問を考えたのですがその作った質問を英訳するのが難しくて、先生が分からない日本語を、身振り手振りで伝えて英訳してもらったことを覚えています。慣れない英語なので、みんなで試行錯誤しながら英文を作り、和気あいあいとしながら一日を過ごしました。そして、先生が「今日やったことを絶対に忘れてはいけない」と一言残して帰っていきました。


 僕は、先生が残していった言葉を忘れずに、英語を勉強する時にイングリッシュキャンプの時のことを思い出しながら「英語大嫌い」から「英語大好き」になれるようにがんばりたいと思いました。





CLUB NEWS!(^^)!




「硬式野球部」LAST Summer      G


入部して2年と3ヶ月。早いものでした。


「夏の大会」といわれるのは、いわゆる甲子園の予選です。大阪予選では、177チームの頂点に立った1校だけが、甲子園の土を踏めるのです。ですから、高校野球ドラマで、よく、「目指せ甲子園!」というシーンが多いですが、甲子園での全国大会に出場すること自体が、とても意味のあることなのです。




その頂点を目指すべく、次のことを大切にして夏の大会に臨みます。




・勝利のイメージを描くこと。


・後悔のないよう全力で挑むこと。


・応援してくださる方々に、勝って恩を返すこと。




野球部では、自治会、OB会など、様々な方々からの寄付があって満足のいく野球をさせていただいています。また、休日はグランドを全面使わせていただき、朝練もグランド全面を使って練習をさせていただいています。そして、土日も朝から夕方まで付き添って下さる先生方、僕たちの日々の生活を支えてくれる家族。他にも多くの方々の助けがあることを再認識して、試合に勝って、その方々に恩を返す決意で、大会に臨みます。


府立生野高校の一生徒として、生野高校の校章を右肩につける者として、堂々と自分たちの野球をします。応援よろしくお願いします!




「数研でございます」(数学研究同好会)  H


こんにちは。数研こと、数学研究同好会です。


 現在1年生:1人、2年生:2人の3人で、LAN教室をほぼ貸し切りのような状態で貸してもらい、活動しています。活動日は平日毎日としていますが、「数学は紙と鉛筆だけでできる」というように、活動日、活動時間はかなり自由です。数研では、数学甲子園、数学オリンピックなどに出場するため、数学の勉強の先取りもしています。


 数研ではいつでも入部する人を待っています!数学が好きな人はもちろん、数学が苦手でも面白いなと思う人など、誰でも大歓迎です。


 数学は、わかればとても面白い学問です。もし少しでも興味を持ったなら、放課後にLAN教室をのぞいてみませんか?


 今年の文化祭では、物理講義室で数学の問題を出したりするので、こちらもぜひ来てください。


posted by 執行部 at 15:44 | 2016年

2016年06月24日

Inews+ 6月号@


Inews+


発行

2016年度6月号 平成28624

大阪府立生野高等学校 自治会広報






走る、走る、オレたち 流れる汗も、そのままに!


(『Runner』―爆風スランプ―)


二日間ともに天気に恵まれた、球技大会・体育祭でしたね。各団幹部からのメッセージです。








赤団 団長 3年8組 西川 直樹

僕たち赤団は、応援合戦、団対抗リレー、総合優勝のすべてを勝ち取り完全勝利を成し遂げました! これらは応援団のみんなをはじめとする赤団の人たち一人ひとりの活躍のおかげです。正直、団長になった当初は「俺にできるのか?」と自分に問うたこともありました。しかし、団員の笑顔や周りの人からの支えに救われ、最後まで団長として責務を果たすことができました。また、ここ最近の体育祭での赤団の総合優勝は遠ざかっていましたが、今回で悪い流れを断ち切ることができたので、来年、70期の赤団団長にはこの流れを受け継いでほしいです。苦楽を共にした11人の幹部、個性あふれる69期のみんなと最後の体育祭を全力で楽しむことができ本当に良かったです。ありがとうございました。


「最高の思い出、体育祭 !!

3年3組 北野 日菓

赤団球技大会・応援合戦・総合優勝というまさかの三冠!!!(笑)ほんとうにほんとうに嬉しいし、赤団みんなのおかげだと思っています。団長はもちろん、会計さんや、ダンスを考えてくれたダンス同好会の二人、応援団に入ってくれたみんな、そして赤団1、2、3年生のみなさん、ほんとうにありがとうございました!!

正直に言うと、最初は、自分が副団長でいいのかな?という気持ちでいっぱいで、楽しみよりも不安が多くて、体育祭までの期間ひたすら胃痛に悩まされました。(笑)

でも、体育祭が近づくにつれ、ダンスの練習も仕上げの段階に入り、その不安はどんどんなくなって、本番が楽しみになっていました。団長の迫真の演技もあって、みんなが笑顔で楽しく練習しているのを見て、自分も嬉しかったです!!

そして、この体育祭、先生や保護者のみなさんの支え無しにはできなかったと思います。支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。


「優勝かっさらってやったぜ !!!

3年3組 尾羽根 真央

今年の体育祭は自分にとっても思い出に残る体育祭になりました。

赤団は球技大会も3種目で優勝!! 応援団,団対抗リレー、総合でも優勝できて最高でした!!

みんなが一丸とって優勝を目指せたのでよかったです(^O^)

今年の応援団はどの団も人数が多く、赤団も79人入ってくれました。

朝練も最初は全然集まらなくてめっちゃ焦ったけど、団長のキャラもあって練習中はみんな楽しそうで幹部としても嬉しかったです。

練習期間も2週間と短かったので大変やったけど、ダンス楽しいって言ってくれる人がいたので嬉しかったです。

こんな頼りない幹部やったけど、みんなついてきてくれてありがとう(*^^*) そして11人の幹部のみんなもありがとう!!みんなのおかげで最後までやりきれました。いいメンバーでした♪

幹部を経験して仲間の大切さを実感することができました!! 来年もいい体育祭にしてください(*^^)v

最高でした! ありがとうございました!!


「体育祭、最っっっ高に楽しかった !!

     緑団 団長 3年1組 竹嶋 和志

今年、僕は団長というみんなをまとめ引っ張り、そして体育祭を盛り上げるとても重要な役割をさせて頂きました。ちゃんとその役割をこなせているのか不安と緊張の連続でしたが、その分頑張ったおかげで最高の体育祭になりました!

各団団長4人で体育祭の始まりにふさわしくかっこいいものにしようと力を合わせた選手宣誓。2週間応援団として練習を重ね、そしてついに本番となった応援合戦。どちらも長いようで一瞬で、けれど本当に充実した時間でした。

この体育祭で何よりも嬉しかったのは、「今年の体育祭楽しかった」という声を聞くことや、団員の「応援団入ってよかった」という声で、そういった声を聞くたびに、頑張ってよかったなと思いました。

今年の体育祭、僕はとても素晴らしいものに出来たと思っています。それは幹部のみんな、運動委員や設営、整備などをしてくれた人たち、色々な準備に団のサポートをしてくださった先生方のおかげです。本当にありがとうございました!


「感謝」

3年1組 松本 若奈

私は、去年先輩の姿を見てずっとなりたいと思っていた副団長を務めさせていただきました。本番に向けて、見てくださる方全員が楽しめるように選曲をし、振り付けを考えることから始めました。私は大声を出すことも大勢の人をまとめることも苦手なので、思うように練習を進めることができませんでしたが、幹部の二人や三年生と協力し、何とか完成に近づいていきました。

待ちに待った体育祭当日、どの団よりも楽しむことを目標に全力で本番に臨みました。結果は残念でしたが、どの団よりも楽しむという目標は達成できたと思います。何より自分だけでなく「緑団の仲間が楽しかった。いい思い出ができた」と言ってくれたことが私の一番の思い出になりました。この場を借りて緑団のみんなに感謝の気持ちを伝えたいと思います。高校生活で一番楽しい体育祭になったのはみんなのお陰です。

約一ヶ月間こんな頼りない副団長についてきてくれて本当にありがとう!


「熱かった、体育祭 !!

3年1組 辻井 茉利子

1、2年と応援団をやって今年も絶対にやると思っていた私は、緑団の会計になってすぐ曲選びをしました。こんな曲はどうかな? とか、みんなが踊りやすい曲はないかな? とか、色々考えました。振り付けもみんなが楽しめるダンスを第一に考えました。

いざ応援団の練習が始まると、みんなからは若干の恥ずかしさは伝わってきましたが、それ以上にまず笑顔が見られたのでとてもうれしかったです。朝練や休日の早朝から集まって練習した日々は大変で、あっという間でしたが、毎回集まるたびに、団が一つになっているという実感がわいてきました。

結果は一位ではありませんでしたが、団全体で最高のパフォーマンスができたと思うし、保護者の方や先生方に「お疲れ様」と声をかけていただき、応援団をやってよかったと思いました。本当にありがとうございました。


「青団最高 !! ありがとう !!

青団 団長 3年4組 中村 怜香

今年の体育祭は、私にとって今までで一番幸せで最高の体育祭になりました。

応援団は最多の105人で、正直不安でした。でも、頼りになる幹部の二人をはじめとする三年のおかげで成功できました。ダンスを考えてくれたり、大勢に教えるために集まってくれたり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

総合優勝できなかったけど、みんなが開会式前のダッシュでやる気満々やったり、「団長声でかすぎ!」「バスケ勝ちました!」「1位取りましたよ!」「一緒に応援しましょう!」など、いっぱい話してくれて、感動してました。(笑)

みんなの勝ちたいっていう気持ちは、一番だった自信があります。青団最高!

それから、69期が「ありがとう!」「今年が一番楽しかった!」など言ってくれて本当に嬉しかったです。廊下を歩いていたらすれ違う69期全員が「おつかれ!」と声をかけてくれました。

生野生の温かさに改めて気づけた体育祭でした。

本当にありがとうございました!


「激アツ、体育祭 !!!!

3年4組 大阪 知弘

高校生活最後の体育祭、いや、人生最後の体育祭!!!

僕が一番言いたいことは「ほんまにめちゃくちゃたのしかった!!!」ただそれだけです!!!

って言いつつもまだ書くんですけどね。(笑)

今回の体育祭、某クラブ元キャプテンの声のすごく大きい団長を支える役として副団長を務めさせていただきましたが、逆に三年生のみなさんや応援団に入ってくれた人たちに支えていただき、本当に副団長の務めを果たせたのかどうか、不安な部分がたくさんありました。

でも、体育祭は大成功!!! 応援団も大成功!!!

僕のそんな不安はどっかにとんでいってました(^O^)

最高の後輩、最高の同期で構成された青団で副団長することができて、ほんとうによかったです!!!

来年は、今年以上に激アツの体育祭になるように、二年生がんばってください!!!

最後に、今回の体育祭の運営をしていただいた、たくさんの方々に感謝します。m(__)m


「青団最高」

3年6組 横佐古 敬介

あれだけ練習したのに、本番は一瞬で終わってしまいました。

僕は今年初めて応援団に入団し、しかも幹部をやらせていただきました。青団には100人を超える人が入ってくれて、少し不安がありましたが、「史上最高の応援団にしよう!」、と思っていました。で、結果大成功しました! 朝練、昼練、週末の練習、みんなおつかれさまでした!最高に楽しかったです!

たくさんのサポートをしてくださった先生方にはとても感謝しています。

あまりにもよく通る声で団員をリードしてくれた団長、いつもふわふわしてるけど言うべき時はバチッとものをいえる副団長、曲、衣装やダンスを考えてくれて、何から何までしてくれたダンス部のメンバー、最後までやってくれた団員のみんな、ありがとう!! 僕の中では青団がbPです! 後輩のみなさんは来年の体育祭も最高に楽しんでください!


「心は一番 !

黄団 団長 3年2組 浅井 彩音

団長をさせてもらって、大変なことしんどいことがたくさんあった二週間でした。

でも、それ以上に得るものが多く、周りの方にたくさん支えていただきました。応援団の練習は毎朝早くから昼休みも、みんな自分の時間を潰しても、来てくれてほんとうに嬉しかったです。黄団の人たちと一緒に最後の体育祭を過ごせて幸せです。(*^_^*)

一緒に最後の体育祭を作り上げた69期のみんな、各団をまとめあげた11人の幹部のみんな、そして、私たちが楽しめるように、たくさん考えて準備してくださった先生方、ほんとうにありがとうございました!

応援合戦も総合優勝も赤団に奪われてしまいましたが(笑)、私にとっては今までで一番の体育祭になりました!!

黄団の団長をすることができて楽しかったです!

みんなありがとう!!!!!


「二日間の死闘」

3年7組 松村 奨

僕は今年の黄団の副団長をやらせてもらいました。副団長っぽいことはできませんでしたが、団長と会計が仕切ってくれて助かりました。そして応援団に入ってくれた子が皆素直で、楽しく練習でき、応援合戦が終わった時の達成感はすごかったです!

今年の1日目の球技大会で黄団は良い成績を出せなかったです。その結果、2日目の体育祭、既に1位の団との差が。体育祭でも各種目で黄団が1位になったのも少なく、自信のあった応援合戦でさえ負けてしまいました。ついに最終得点発表。一縷の望みも空しく、最下位でした。圧倒的点差で最下位でした。僕は1年で黄団・2年は青団で総合優勝していたのに最下位でした。

結果は良くなかったけど楽しめました。こんなに楽しめたのも幹部・応援団・黄団・生野全体・保護者様全員のおかげです。皆様も楽しかったですか?

全てに感謝しています、ありがとうございました!


「たのしかった !!!

3年2組 尾関 梨菜

三年生にとっては人生最後の体育祭。

目一杯応援したり、写真を撮ったり、と本当に楽しい時間でした。

残念ながら黄団は負けてしまいましたが、応援合戦では、団員58人が“最高”のパフォーマンスをすることができたと思います。

後から、「黄団のダンスよかったで!」って言われた時には、頑張ってよかったって感じました。練習期間はたった二週間! 正直しんどいことやもうやめたいなって思ったこともあったけど、そんなときにクラスの人が手伝ってくれて、うれし涙が出そうでした。そして何よりも団長には頼りっぱなしで、助けられてばっかりでした。幹部3人でできて本当に良かったです。そして、時間はあっという間に過ぎて終わってからも写真を見ては思い出に浸ってしまいます。(笑)

多くの人の協力があって大成功した体育祭 (^^)

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

posted by 執行部 at 12:16 | 2006年